今どきの離婚について

離婚を否定的なイメージで捉えず子どもや自分のためにも離婚するほうがよいと考えている。ここでも結婚は必ずしなければいけないものとはしておらず、結婚したくないのであれば同棲という手段もあると薦め、離婚も自分の生き方としてパートナーと上手くいかないのであればすべきだと主張している。

 以上より、今日では離婚も生き方のひとつに加えられているが、結婚した以上極力離婚は避けたいという考えにいたっているようである。これまで結婚について焦点を当ててきた。次は離婚について見ていきたい。

1. 今どきの離婚について

①離婚全体

 現在日本でも離婚者件数がどんどん増えている。年間離婚件数は、昭和39(1964)年以降毎年増加し、昭和58(1983)年をピークに減少したが、平成3(1991)年から再び増加し、平成14(2002)年には、約29万組となり、過去最高となった。平成15(2003)年は28万4千組と減少に転じ、平成16(2004)年は約26万7千組と推計されており、平成15(2003)年よりさらに減少するものと見込まれている(厚生労働省大臣官房統計情報部「人口動態統計」)。

川崎で探すマンスリーマンション

小顔矯正 韓国

大阪の成果報酬型SEO

RMT トレード